自動車ディーラー社員の就職、求人、採用の状況

営業を中心に求人は多い

自動車ディーラーでは、各販売会社ごとに独立して採用活動を行っており、求人内容についても各社がそれぞれホームページなどで情報を掲載しています。

自動車ディーラーの求人では、たいてい「営業職」と「整備職」に分けて募集されていますが、どちらの職種についても需要は大きく、情報を比較的簡単に見つけることができるでしょう。

新卒採用も活発に行われていますが、中途採用の求人もそれなりに見られます。

就職にあたって、整備職は「自動車整備士2級」などの国家資格が求められますが、営業職については未経験者でも採用される可能性は十分にあります。

これから自動車ディーラーを目指していく人にとっても、まだまだチャンスは大きいといえるでしょう。

自動車ディーラーは離職率が高い?

自動車ディーラーの求人が多いことの背景に、「離職率の高さ」がいわれることがあります。

たしかに、自動車ディーラーの仕事は大変な面も多々あります。

とくに営業職はノルマがあるため数字に追われ続ける厳しさに耐えられなかったり、一般消費者を顧客とするため、世間で多くの人が休みとなる週末は出勤日となっているなどの理由から、早く離職してしまう人も少なくないようです。

多くの自動車ディーラーにおいて人の入れ替わりはわりと激しく、それが求人の多さにつながっている面はあるといえるかもしれません。ただし、もちろんなかには長年働き続けている人もいます。

ディーラーの職場環境は会社ごとに異なる

自動車ディーラーの求人は多いですが、職場環境や給料、待遇などは会社ごとに違います。

同じ自動車ディーラーの仕事といっても、どこで働くかによっても、自分にとっての働きやすさはだいぶ変わってくるでしょう。

店舗の雰囲気なども異なるため、できればいくつかのディーラーを比較し、自分が本当に働きたいと思えるところを選ぶとよいでしょう。