女性の自動車ディーラー社員

自動車ディーラーと女性

自動車業界というと、どうしても男性中心の世界といった風に考えられがちなようです。しかし、自動車ディーラーでは男性ばかりでなく、女性社員も多数活躍しています。

現代は女性の社会進出が進み、女性でも通勤で車に乗る人、あるいは生活の利便性を高めるために車が欲しいと考える女性が増えています。

また、家族を持っている男性であれば、車購入時には必ずといっていいほど奥さんに相談するでしょう。実際、車購入の3台に2台は女性が関与しているともいわれます。

こうしたことから、女性目線での店舗づくりを行うこと、サービスを提供することは、自動車ディーラーにとって非常に重要だといえます。

女性社員の意見やアイデアを取り入れていくために、積極的に女性社員を採用しようとするディーラーは増えているようです。

どの職種でも女性は活躍できる

自動車ディーラーで働く女性は、営業職はもちろん、なかには整備職として活躍している人もいます。

まだまだ整備の仕事に就く人は男性中心ではありますが、徐々に女性も増えているようです。また、ショールームスタッフや事務職など、女性の割合が大きな職種の募集もあります。

女性が自動車ディーラーで働くうえでは、さまざまな選択肢があるといえるでしょう。

女性の働きやすさを追求する職場も

自動車ディーラーに女性社員が増えていくにつれ、女性にとっての働きやすさを真剣に考え、新しい制度づくりにも積極的に取り組む企業が増えているようです。

たとえば、結婚や出産というライフイベントを経験してからも仕事と家庭を両立できるための環境づくり、あるいは女性管理職を目指していくためのキャリアパスなど、各社でさまざまな取り組みがなされています。

女性の先輩社員がいる職場であれば、働き方について不安になった際にアドバイスをもらうこともできるでしょう。