JICA職員のつらいこと、大変なこと、苦労

辞令一本で長期間の海外赴任

JICAに入構したての頃は、国内事務所勤務や本部での各地域担当などを振り分けられるのが通例のようです。

しかしJICA職員には海外事務所勤務は必須となっており、10年間のうち3年程度は海外事務所に赴任することになります。

開発途上国支援を目的とする組織ですから、海外赴任先の大部分が開発途上国となります。

インフラ面や衛生面が整っていない国に長期間赴任するのは単身でも大変なことですが、家族がいる場合は家族を同伴するかどうかの判断にも悩むことでしょう。

もし家族を同伴しないと判断した場合は、長期間・遠距離の単身赴任をすることになり、家族関係に大きな負担を強いることになるかもしれません。

出張がとにかく多い

国内事務所勤務でも、担当地域への出張が非常に多い職員もいます。プロジェクトによっては1ヶ月おきの海外出張をこなすことも。

たとえば担当地域が中南米であれば、フライト時間は片道15時間を下りません。

現地での業務は会合や視察などで、業務が済めばすみやかに帰国しなければならないため、短期間に極端な長時間フライトを繰り返すことになります。

第一に体力的に負担が大きいですし、家族の協力や理解も欠かせないでしょう。

大量のペーパーワークも

このように海外赴任や出張など、時間的・体力的にチャレンジを強いられる業務を抱えつつ、大量のペーパーワークもこなしていかなければなりません。

「ODA(政府開発援助)=税金」を予算とするプロジェクトを進める上で、予算の用途の明確化、プロジェクトの進行具合や成果の見える化もまた、JICA職員の重要な業務のひとつです。

外出・出張の多い中で、ペーパーワークの時間を確保するのは骨が折れることでしょう。出張の移動中や、出勤時間前を利用して、ペーパーワークを済ませる職員もいるようです。

JICA職員は、体力とスケジュール管理能力を求められる状況の中で、さまざまな苦労を重ねながら日々業務をこなしています。