JICA職員の勤務地、転勤、海外赴任

JICAの拠点は国内外100カ所以上

JICAの勤務地は本部の東京、15カ所の国内拠点、90カ所の海外拠点となります。

具体的な国内拠点は、北海道、宮城、福島、茨城、東京、神奈川、長野、愛知、石川、兵庫、広島、香川、福岡、沖縄にあります。

また海外拠点はアジア、中近東、アフリカ、北・中南米、大洋州、欧州の各地域に点在しています。

正職員は東京本部所属となり、必要に応じて他の国内拠点や、海外拠点に赴任することになります。契約職員やアルバイトは拠点ごとの現地採用となり、転勤はありません。

勤務先はどのように決定される?

JICAの正職員は、勤務地を選ぶことは基本的にはできません。すべてのJICA正職員は、すべての拠点での勤務の可能性があります。

また地理的な勤務先だけでなく、配属部署についても流動的です。事業担当だけでなく、経理や人事などの総務部門に配属されることもあります。

職員一人ひとりが組織の全体像を把握し、個々の適性を知るために、さまざまな経験を積むことを目的としているようです。

転勤の頻度や意図について

JICAでは人事移動は2〜4年に一回とされています。

特定の職員が長期間ひとつの地域を担当することで生じる利権や癒着を防ぐという意図が見えます。

また入構後初めての転勤は、国内で2〜3部署を経験後が目安とされています。

海外勤務については、20代で1回、30代で1回と、各年代に1回ほど割り当てられるのが通例です。1回の海外勤務は3年ほどです。

JICA職員は毎年、「自己申告制度」を利用して配属先や転勤先の希望を出すことができます。

本人によって提出されるこのキャリアプランに基づき、人事部が適性や組織にとっての有用性を審査して、勤務先を決定していきます。

このようにJICA職員は、常に身体的・精神的なフットワークの軽さを求められる職業といえるでしょう。