JICA職員の語学力、英語力

新卒採用試験で問われる英語力

世界を股にかけて活躍するJICA職員はさまざまな国の関係者と交渉を進めるため、英語力が必須とされています。

しかし、JICA公式ホームページの新卒採用試験の応募資格には、英語力に関する記述はありません。

採用Q&Aのページでも、採用時に特別高い語学力は求めないと明記されています。

ただし、「目安として入構後1年以内にTOEIC800点、3年以内に860点以上の取得が求められる」と書かれています。

理系分野の学生が語学力がなくても新卒採用に応募できるように、との配慮が見えますが、現実問題として、JICAでの仕事の多くは英語力を求められます。

国内拠点勤務でも、海外からの視察団や研修員を迎え入れるため、英語は必須となります。

さらに、たとえば英語に苦手意識があり、TOEICを一度も受けたことがない人が、1年間でTOEIC800点を取れるかというと、かなり厳しいのではないでしょうか。

また、同等の資質がある2人が採用試験を受けたとして、英語力が高い方が採用される確率は高いといえます。

「入構時の語学力は問わない」という条件に甘えることなく、在学中から英語力を磨くに越したことはありません。

社会人採用試験で問われる語学力

一方、即戦力になることを求められる社会人採用では、応募資格に「英語で業務遂行が可能な方」と明記されています。

「原則TOEIC860点相当以上またはTOEFLiBT100点・PBT600点以上を有している方」という具体的な数字も出ています。

社会人採用枠でJICA職員になることを目指す人は、日々英語の勉強を重ねる必要があるでしょう。

英語以外の語学力に関して

英語以外のメジャーな言語に関してはどうでしょうか。

JICAではアフリカ、中南米の事業を数多く抱えているため、フランス語やスペイン語ができれば、アピールポイントにはなるでしょう。

しかし採用時には何よりもまず英語が求められます。

英語ができる上でもうひとつ言語ができることは、採用時よりもむしろ部署異動や転勤地の希望を出す際に役立ってくるでしょう。