ジュエリーデザイナーへの転職・中途採用、未経験採用は?

事前の準備が必要

いったん社会人になってからなんらかのきっかけでジュエリーデザイナーになりたいと思い立ち、転職を考えるという人もたくさんいるでしょう。

未経験の転職希望者の場合はいきなり現在の仕事を辞めてしまうのではなく、働きながらまずはジュエリーデザインのスクールに通うなどして知識や技術をある程度は身につけたほうがいいかもしれません。

少なくとも宝石や貴金属、ジュエリーの基本的な知識とポートフォリオ(作品集)を作成できるぐらいのデザイン力がなければまったく仕事になりません。

ジュエリー製作のクラフトは分業する場合もありますが、どのような過程を経てジュエリーができあがるのかまったく知らなければ的確な指示書を作成することもできないでしょう。

彫金教室には趣味や楽しみが目的でジュエリーを製作するコースもありますから、実際に体験してみて向いているかどうかを確認してみるという方法もあります。

また企業の公式サイトや求人広告などで募集要項を確認し、採用されるためにはなにが必要なのか、どこまでの準備を事前にしておくべきなのか、じゅうぶん検討する必要があります。

社会人の求人

新卒採用だけでなく社会人の求人をおこなっているジュエリーメーカーもありますが、やはり経験者の募集のほうが件数も多かったり、給料などの雇用条件が優遇されていたりします。

デザインソフトがつかえたり、最初は販売職でも問題がなかったりするのであれば、ともあれジュエリーに関わる仕事をしながらデザイナーとしての技術を身につけるという方法も考えられます。

ただしジュエリーデザイナーは経験を積みながらたくさんの知識や技術を吸収し続けなければならない職種です。

またジュエリー業界そのものが景気に左右されがちな側面もあり、新機軸となるようなセンスやアイデアが求められているとも考えられます。

応募を検討する企業についてはじゅうぶんな情報を得て、できるだけ即戦力となることができるよう備えたうえで求職活動を始めたほうがいいでしょう。