ジュエリーデザイナーのつらいこと、大変なこと、苦労

求人が少ない点

ジュエリーデザイナーとして仕事をする場合、いきなりフリーランス(個人事業主)や自ら会社を設立して事業を始めるという人はあまりいません。

大学や専門学校、スクールなどでジュエリーデザインについての専門的な知識や技術を学んだのち、経験を積むためにまずはジュエリーメーカーやデザイン会社に就職することが一般的です。

しかしジュエリーデザイナーの求人募集はけっして多くはありません。同じデザイナーでもグラフィックデザイナーや建築デザイナー、ファッションデザイナーなどと比べると就職先は驚くほど少ないといっても過言ではありません。

またジュエリーデザイナーの仕事は個人のセンスが問われるとともに経験によって腕がみがかれる側面もあるため、経験者限定という募集条件を提示する企業も多数存在します。

あるいは未経験者の応募が可能なジュエリー企業であっても、販売職や営業職、商品担当のマーチャンダイザー(MD)などほかの職種の募集のほうが目に留まるかもしれません。

販売や商品企画などの通常業務をこなしたうえでデザインを提案する努力を重ね、センスが認められるとデザイン職に配属されることもあるといいます。

デザイン職以外の職種に就く場合は、ジュエリーに関するあらゆる業務はすべてデザインのアイデアにつながると考えたり、つちかった人脈はいつか必ず財産になるという強い信念をもつ必要があります。

人の何倍も頑張ったりメンタル面を強く保ったりしても、そもそもジュエリーデザイナーの求人が少ない点は問題です。

どんなに志望してもジュエリーデザイナーになることができないほどつらいことはないでしょう。

センスが認められない

苦労をしてジュエリーデザイナーの仕事に就くことができても、お客さまやクライアント(依頼先)にセンスが認められないときは非常に落ち込むことでしょう。

またどんなに斬新なアイデアであっても顧客のターゲット(対象)やクライアントのコンセプト(基本概念)に即していなければデザインは採用されません。

ともあれジュエリー製作にたどりついたとしても販売実績が伸び悩むようであれば、自分のセンスに自信が持てなくなってしまいます。

こうしたセンスの評価はジュエリーデザイナーとして仕事をする以上、常についてまわります。

大変であればあるほど認められたときの喜びはこのうえないものですので、センスをみがくためのリサーチ(研究)に励むことが必要です。

地味な作業の連続

ジュエリーデザイナーというと派手な印象があるかもしれませんが、デザイン画を描くにしてもジュエリー製作にしても非常に細かい作業の連続です。

きらびやかで華やかなジュエリーの裏には地味な作業の積み重ねがあることを忘れてはいけません。