ジュエリーデザイナーの求人・採用募集状況

ジュエリーメーカーの求人

ジュエリーデザイナーとして仕事をする場合、大学や専門学校などでジュエリーデザインについて学んだのちジュエリーメーカーに就職するという道のりが考えられます。

一般的な求人情報はあまり多いとはいえませんが、ジュエリーメーカーのサイトから採用情報を丹念に探したり、学生時代につちかった人脈を活かしたりすれば希望する会社を見つけることができるでしょう。

新卒採用としてジュエリーデザイナー職の募集をしている企業もありますし、「営業」「企画」「デザイン」「設計」「品質管理」「店舗スタッフ」「制作(仕上げ部)」といった幅広い職種を募集しているジュエリー企業も見受けられます。

ほかにもジュエリーメーカーのジュエリーデザイナーの求人情報はありますから、じっくり探してみてはいかがでしょうか。

ジュエリー業界研究の必要性

ジュエリーデザイナーは専門的な知識や技術が必要な職業であり、求人情報も少ないなかで就職活動をするためには、ジュエリー業界の歴史や動向を研究する必要があります。

たとえば権威あるジュエリーデザイナーのコンテスト「ジュエリーデザインアワード」を主催する「日本ジュエリー協会」や「日本ジュエリーデザイナー協会」のサイトからさまざまな情報を得ることができます。

また日本で唯一の宝飾品問屋街として知られる東京・御徒町(おかちまち)や水晶の産地としてジュエリー産業が盛んな山梨県について調べると、とくにクラフト(ジュエリー製作)についてくわしいことがわかります。

ほかにもジュエリー業界に関わるあらゆる研究をすることによって、自分のめざすジュエリーデザイナー像がはっきりし、漠然とした就職活動ではなく積極的な働きかけができるようになるでしょう。

マッチングサイトの活用

また芸術系、美術系の学生やデザイナー、クリエイター向けのビジネスマッチングサイトというサービスがあります。

同じデザイナーでもグラフィックデザイナーや建築デザイナー、ファッションデザイナー、プロダクトデザイナーなどのほうが需要は圧倒的に多いと思われますが、自ら情報を発信することによって就職の可能性が広がる可能性もあります。

こうした新たなツールを活用してみるのもひとつの方法ではないでしょうか。