ジュエリーデザイナーになるには

ジュエリーデザイナーとは

ジュエリーデザイナーになりたいと考えるきっかけは、ジュエリーが大好きだからという人が多いのではないでしょうか。

「ジュエリー」とは宝飾品、すなわち宝石を材料とした貴金属装身具をあらわします。

ジュエリーデザイナーの仕事は指輪やネックレス、ブレスレットなどの貴金属装身具をデザインすることです。

アクセサリーという場合もありますが、その際は宝石や貴金属を材料とする「ファインジュエリー」だけでなく、合金やガラスなどの非金属を材料とする「コスチュームジュエリー」を含みます。

コスチュームジュエリーをデザインする人は、ジュエリーデザイナーよりも幅広い意味でアクセサリーデザイナーと呼ばれることが多いです。

あるいはアクセサリーデザイナーと称するジュエリーデザイナーもいらっしゃるかもしれませんが、ファインジュエリーをデザインする人のことをジュエリーデザイナーと呼ぶのが一般的です。

ジュエリーデザイナーの道のり

ジュエリーデザイナーというと、フリーランスのクリエイターや作家、アーティストのような姿をイメージされるかもしれません。

ただ、いきなり独立してアトリエをかまえることは難しく、まずは学校や企業などで必要な知識を学ぶことが求められます。

ジュエリーデザイナーになるためにはまず芸術系、美術系の大学やジュエリーデザインの専門学校、スクールなどで、芸術センス、宝石や貴金属の知識、デザイン技術、ジュエリー製作技術、マーケティングなどを学ぶ必要があります。

卒業後はジュエリーメーカーやデザイン会社などに就職して、ジュエリーデザインの業務をこなしながら、ジュエリー業界の動向を勉強するのが一般的です。

ジュエリーデザイナーの仕事には大きくわけるとジュエリーデザイン、クラフト(ジュエリー製作)、商品管理の3つの工程があり、ひとりですべての業務にたずさわるというよりは分業することが多いようです。

企業内デザイナーであれば、企画の立案やデザイン画作成、指示管理、商品チェックなどに特化し、ジュエリー製作はおおむねクラフトマン(ジュエリー職人)が担当したり、工場などに外注したりします。

クライアント(依頼先)やお客さまのご要望を熟知することも大切ですから、クラフト(ジュエリー製作)重視のジュエリーメーカーや販売職としてジュエリーショップに勤務しながら、デザインを提案するという人もいます。

経験を積んだ後は、独立する人もいれば、就職したジュエリー会社でそのまま企業内デザイナーとして活躍する人もいます。