JETRO職員に向いている人、適性

法令遵守精神のある人

JETROは政府関係機関として、法令遵守の徹底を社員に求めています。様々な情報にアクセスできる立場や、通商政策に近い立場にいることを私利のために利用するような人物であっては困るわけです。

民間企業ではないがゆえに、業績を上げることが目標ではありません。常に各国の法律を考慮しながら、中小企業の海外展開や、日本経済の発展に貢献していこうという精神が求められます。

海外志向の強い人

JETROの総合職職員は、海外駐在を経験する可能性が高い職種です。そのため、国際的に活躍したい、積極的に様々な国の人と働きたいという強い意志があれば、とてもやりがいを感じられる仕事でしょう。

反対に、自分には海外暮らしは向いていない、言語学習が苦になる、という人には、向いていない職業と言えます。

また、転勤のない一般職職員でも、関わる案件は貿易関連や海外市場関連になるため、ある程度の国際感覚は求められるでしょう。

コミュニケーション能力が高い人

日本の中小企業に海外展開のためのアドバイスを行ったり、外国企業に対日投資を働きかけるなどの業務は、相手の意を汲みつつJETRO側の意向もしっかり伝える必要があります。語学力に限った話ではなく、柔軟な発想で相手をリードしていける高いコミュニケーション能力を持った人に向いている職業と言えるでしょう。

専門分野を持ち、極めたいと考える人

JETROでは日本の各種製造業の海外集出支援、対日投資の促進、海外市場の調査・研究を主な業務としています。これらの中で、将来的に自分がどの分野の専門性を高めていきたいのか明確なビジョンを持っている人は、重用されるでしょう。

民間の海外事業コンサル会社が台頭する中で、JETROは独自のカラーと強みを打ち出す必要性に迫られています。事業分野の専門性を持ち主体性を持って案件をリードできる人材が強く求められています。