居酒屋店長の仕事内容

居酒屋の責任者として店を運営する

居酒屋店長は、居酒屋の店舗の責任者として、店を円滑に運営するための役目を担っています。

居酒屋店長の仕事は、大きく「ヒト」「モノ」「カネ」の3つに分けて考えることができます。

「ヒト」に関する仕事

居酒屋は、店長一人だけで営業することはできません。

料理を作る人、ホールに出て接客をする人など、複数のスタッフが協力して、チームプレーでお客さまに良いサービスを提供します。

そのような、店の仲間となるスタッフの採用や、教育を行っていくのが店長の仕事のひとつです。

「モノ」に関する仕事

提供する料理やドリンクの質を確保することはもちろん、食材の発注、在庫管理、店内の清掃など、店舗に関わるさまざまなモノの管理を行います。

「カネ」に関する仕事

居酒屋を継続的に経営していくには、きちんとお客さまを集めて、できるだけ多くの売上を出していかなくてはなりません。

店長は売上目標を設定し、それを達成するための施策を立案し、スタッフと一緒に実行していきます。

経営者としての視点も求められる

居酒屋店長は、自ら独立開業してオーナー兼店長として働いている人と、どこかの会社に就職して雇われて店長職を務めている人の2種類に大別されます。

どちらの場合であっても、店長は一般のスタッフのように接客や調理だけ完璧にこなせばいいわけではなく、店をどうスムーズに営業していくかをつねに考えるなど、経営者としての視点を持つことが求められます。

また、よほど小さな店でない限り、居酒屋では店長一人だけで店を営業していくことは難しいです。

そのため、右腕となってくれるスタッフをきちんと育て、いかなる状況でも理想のサービスを提供できるようにしておく必要があります。

スタッフの士気を高め、適切な指示を出しながら、よりお客さまに満足いただける店づくりをすることが居酒屋店長の重要な役目となっています。