居酒屋店長の給料・年収

平均年収

居酒屋店長の平均的な給与は、月額にして25万円前後、年収にすると300万円~400万円程度がボリュームゾーンとなっているようです。

ただし、オーナー兼店長として店を経営している人と、雇われで働いている人ではだいぶ違いが出るでしょう。

オーナーであれば、売上次第で収入は変動します。

一般的には、売上から諸経費を引いていくと3割~4割程度が残るといわれ、売上をどれだけ高めることができるかによって、自分の手元に入るお金も変わってきます。

雇われの店長であれば、いわゆる会社員として会社から毎月給料をもらって働くことになりますが、大手チェーン店などでは基本給が決まっており、あとは店の業績に応じて上乗せされるという形をとっている会社もあるようです。

ただし、給与体系は各社で異なりますし、大手と中小規模の会社でもまた変わってきます。

また、店長としての役職手当が付くかどうかや、ボーナスの支給有無も会社によって異なるようです。

高い給料の求人には要注意

数ある居酒屋店長の求人を見ると、まれにものすごく高い収入が得られるようなことが書いてあるものに出くわすかもしれません。

しかし、そのような場合、ものすごく厳しい環境で長時間労働を強いられたり、休みがほとんどとれないといったケースもあるようです。

飲食業界は店によって労働環境がだいぶ異なり、なかには劣悪な職場もあるといわれるため、よく内容を見極めていくことが大切です。

また、中小企業や個人経営の店であると、給料がよくても社会保険が無いということもありますし、いくら売上を上げても待遇にまったく反映されなかったり、ほとんど昇給しないということもあるようです。

一見、求人情報では高い収入が得られるように見えたとしても、労働時間や仕事内容に対して給料や待遇面での割が合わないとなれば、ハードワークを続けていくのは難しくなるでしょう。