IT企業社員の仕事、業務内容

IT企業の事業領域は幅広い

IT化が急速に進んでいる現代社会において、IT企業の存在感は非常に大きなものとなっているといえるでしょう。

しかし、ひとくちに「IT企業」といっても非常に漠然としており、具体的なイメージが沸きにくいと思う人も多いかもしれません。

実際、IT業界における事業領域はじつに幅広いものとなっており、各社がさまざまな事業を展開しています。

たとえば、以下は、IT業界に属するとされる代表的な企業の種類です。

・ソフトウェア開発会社
・ハードウェア開発会社
・Web制作会社
・ITソリューション企業
・インターネット広告代理店
・情報処理サービス会社(SI)

もちろん、すべての企業が上記のあらゆる領域をカバーするわけではなく、Web制作を専門に行う会社、ソフトウェア開発を専門に行う会社といったように、各社で得意分野や事業内容は異なります。

また、同じソフトウェア開発会社であっても、企業で使う業務システムを作る会社もあれば、スマートフォンアプリのゲームを作る会社もあり、会社によって社内の雰囲気や仕事内容はだいぶ変わってきます。

IT企業で働く人たち

上記のように、IT企業といってもさまざまな事業を手掛ける企業があり、各社で活躍する人たちの仕事内容は異なります。

ただし、大きく見ていくと、システムの設計や開発、運用、管理を行うエンジニア、サービスや商品を顧客に提案する営業、Webサイトのデザインを行うWebデザイナー、Webを使った売上や集客などの施策を検討するWebコンサルタントといった仕事に分けることができます。

システムエンジニアの仕事
プログラマーの仕事
Webデザイナーの仕事

ITの世界は流れが非常に速く、プログラミング言語など新しい技術が次々と生まれるなかで、各社は生き残りをかけて新しい価値創造に努めています。

IT企業で働く人たちにも日々新たなスキルを身につけながら、顧客ニーズを捉えた提案や開発を行っていくことが求められます。