IT企業社員への転職、中途採用

IT業界は転職者が多い?

IT業界は人の出入りが激しいといわれることも多いようですが、実際には「人によって異なる」というのが正しいようです。

たしかに、ITエンジニアは技術がモノをいうため、ある程度の経験やスキルを身につけた人は、より良い待遇の職場を求めて、あるいはもっとスキルアップしたいといった理由から別の企業へ転職する人も少なくありません。

しかし、1社で長く働き続けてキャリアアップしている人もたくさんいるのです。

なお、業界そのものとして未経験者を積極的に受け入れる傾向が強いため、異業種からIT企業へ転職する人もそれなりにいるようです。

IT業界では人員不足に陥っている企業もたくさんあるため、中途採用の求人も比較的多く見受けられます。

意欲的であれば、IT企業への転職を実現させることは十分に可能だといえるでしょう。

求められる人材とは

ITの世界は驚くべきスピードで変化しており、新しい技術がどんどん出てきます。

しかし、そのなかでも時代や環境に左右されない技術というものも存在し、それらをきちんと有している人は、どのようなIT企業でも活躍しやすく、歓迎される傾向にあります。

それというのも、新しい技術は基礎的な技術のうえに成り立っていることが多いからです。

まずはしっかりと実務経験を積める環境で普遍的なスキルを身につけておけば、その後は多様な方向へキャリアアップできる可能性が高まるでしょう。

経験が浅い場合は若いうちに転職を

IT企業は新しいことに積極的に取り組み、スピード感ある社風となっている場合が多いため、柔軟なものの考え方ができる若い人が歓迎されやすくなっています。

年齢を重ねると、どうしても新しいことに対する抵抗感が強まりやすく、フットワークも重くなりがちです。

とくに経験やスキルがあまりない場合には、若いうちに転職を考えたほうがよいでしょう。