IT企業社員に特有の職種

IT企業では、じつに多様な職種の人たちが活躍しています。

ひとくちに「IT」といっても企業によって扱うサービスや事業内容、仕事内容は異なりますが、ここではIT業界全体を見て、代表的な職種について紹介していきます。

エンジニア

いわゆる「技術者」として働く人のことをいいます。

エンジニアはさらに細かく分けていくと、「システムエンジニア(SE)」「サーバーエンジニア」「ネットワークエンジニア」「インフラエンジニア」「プログラマー」などがあり、それぞれ求められる知識やスキル、専門分野が少しずつ異なってきます。

システムエンジニアの仕事
プログラマーの仕事
ネットワークエンジニアの仕事

ただし、経験豊富なエンジニアになると、複数の領域にまたがって仕事をしている人もいます。

営業

顧客を訪問し、自社商品やサービスを紹介しながら契約に結び付けます。また、既存顧客と継続的に信頼関係を築き上げながら、長期にわたる契約を実現します。

ITの営業ではパッケージ製品を商品とする場合もありますが、形ないものを売る場合も多く、プランナーのような仕事を兼任することもあります。

具体的なシステム開発の内容など、専門性を要する打ち合わせを進める場合にはSEが同行することが多く、社内の技術者とお客さまとの橋渡しになることも重要な役目です。

Webデザイナー

Webサイト制作におけるデザインを担当する仕事です。

デザインといっても、ただ絵を描く能力やセンスだけではなく、HTMLやCSSといったWebサイトを作るうえで基本となるスキルや、JavaScriptなどのプログラム言語の知識が求められます。

Webデザイナーの仕事

Webディレクター

Webサイトを制作するにあたって、クライアントのニーズを拾い上げながら、制作部隊(デザイナーやプログラマーなど)をとりまとめて進行管理や品質管理に携わる仕事です。

Webサイト制作の幅広い知識やディレクション能力が必要とされます。

Webディレクターの仕事