IT企業社員の志望動機・面接

志望動機

IT企業への就職を目指すとき、エンジニア職志望の人と、営業などエンジニア以外の職種志望の人では、志望動機が若干異なってくるといえるでしょう。

エンジニアを目指す人であれば、大学でプログラミングを勉強していたり、あるいは独学でプログラムを組んでいたリするうちにその面白さに目覚め、「仕事として何かを作り出すことがしたい!」「社会で役に立つシステムを作りたい!」という思いが志望動機につながるケースが多いようです。

一方、営業などエンジニア以外の職種志望の人であれば、「お客さまの困りごとをITの力で解決したい」「素晴らしいWebサービスを世の中に広めたい」といった内容が志望動機になることが多くなっています。

エンジニアでない場合、自分が直接手を動かしてプログラミングをすることはありませんが、お客さまのニーズを拾い上げたり、自社製品・サービスを広めていったりするために力を発揮します。

IT業界のどのような点に魅力を感じ、それによって社会にどう貢献したいのか、という点に重きを置いて志望動機を考えていくとよいでしょう。

面接のポイント

IT企業の面接では、現在持っているITの知識・スキルについて問われることがあります。

その場合、もし専門的に勉強したことがないのであれば正直に伝えましょう。

IT企業の多くは、真っ白な状態からでも意欲的であれば、入社後の勉強でいくらでも伸びることができると考えているケースも多々あります。

もちろん、なかには即戦力となれる人が求められる場合もありますが、ITの世界は変化が速いため、現時点の能力だけに固執している人は受け入れられにくいでしょう。

現時点の自分の能力を素直に伝え、さらに真剣にスキルを磨いていく意欲をアピールすることが大切です。

そのほか、IT企業では好奇心や主体性が求められやすいため、面接でこうした点を伝えられると印象はよくなるでしょう。