IT企業社員の就職、求人、採用の状況

IT業界は人材不足?

「人材不足」といわれて久しいIT業界。とりわけSEやプログラマーといったエンジニアの需要は大きい一方、慢性的に人員が不足しており、求人数としても非常に多いものとなっています。

IT企業への就職を考える人にとっては、まだまだチャンスがたくさんあり、就職することもさほど難しくないといえるでしょう。

とくに新卒の場合には、文系の学生やITの知識・スキルがない学生を積極的に受け入れるIT企業がたくさんあります。

現時点のスキルよりも熱意や好奇心、主体性などが求められる傾向が強いといえます。

就職先の選び方には要注意

しかし、いくら求人が多いといっても、就職先は慎重に選ぶことが大切です。

というのも、システム開発現場でよく聞かれる「デスマーチ」という言葉の通り、人員不足や短納期、予算不足、ユーザからの過剰な要求などの悪条件が重なって、非常に厳しい労働環境で働いているエンジニアがIT業界では決して少なくないといわれているからです。

仕事柄、プロジェクトのリリース前はどうしても忙しくなりがちですが、それでも企業によって労働環境は大きく異なり、きちんと休みを取りながら働ける企業もたくさんあります。

IT企業の数は非常に多いため、よく比較しながら自分に合う職場を探すことをオススメします。

若い力が求められている

IT業界は他の産業に比べて歴史が新しく、「ベンチャー」といわれる企業もたくさん存在します。

新しい技術を用い、前例のないことに挑戦していく風潮があり、そうした企業ではとくに柔軟な発想や斬新なアイデアが求められます。

日々の勉強は必要ですが、学歴はさほど関係なく活躍しやすい業界であり、新しいことにチャレンジしたい人は歓迎されやすいでしょう。

若手を積極的に採用している企業もたくさんあるため、ITを使って何をやりたいのかをしっかりと考えたうえで、就職先を探していくとよいでしょう。