IT企業社員に必要な資格、スキル

IT企業社員に資格やスキルは必要?

IT企業というと、専門知識や技術が必要な仕事というイメージがあるかもしれません。

しかし、実際には未経験からスタートしている人も多く、とくにエンジニア以外の仕事で高度なスキルが求められないこともあります。

SEやプログラマーなどのエンジニアであっても、知識がないところから入社し、しっかり勉強すればOKという企業は多くあります。

システムエンジニアの仕事
プログラマーの仕事

ただし、技術力がモノをいう世界であることは確かで、入社後は各種資格の取得も目指しながら日々スキルアップしていく必要があります。

IT企業の仕事に関連する資格(国家資格)

以下の資格は、取得必須というわけではないものの、業務に関連する基礎知識を身につけるうえでも役に立つでしょう。

IT系の資格は数が多く、職種や業務内容によって適した資格が異なるため、よく調べて受験することをオススメします。

基本情報技術者

「ITパスポート」の上位資格であり、ITエンジニアとしてキャリアをスタートするには、まずこの資格から取得するケースが多いようです。

応用情報技術者

「基本情報技術者」の上位資格であり、技術から管理、経営まで、幅広い知識と応用力を身につけていることを示します。

プロジェクトマネージャ

プロジェクト全体の意思決定を実行し、品質・コスト・納期に全責任をもち、プロジェクトを成功に導いていくプロジェクトメンバーを成長させるマネージャーを目指す人に適した試験です。

データベーススペシャリスト

企業活動を支える膨大なデータ群を管理し、パフォーマンスの高いデータベースシステムを構築して、顧客のビジネスに活用できるデータ分析基盤を提供するデータベース管理者やインフラ系エンジニアを目指す人に向けた試験です。

情報セキュリティスペシャリスト

情報システムや組織に対する脅威や脆弱性を評価し、技術面・管理面での有効な対策を遂行できるセキュリティエンジニアや情報システム管理者を目指す人に向けた試験です。

IT企業の仕事に関連する資格(国家資格以外)

Microsoft Office Specialist(MOS)

マイクロソフトの各種オフィスソフトのスキルを証明するための資格です。

LPIC

Linuxの技術力を中立公正に判定するIT資格です。製品メーカーや配布元企業に全く依存せず、
常に中立公正な立場で、Linux技術力を評価しています。

Oracle認定Java資格

プログラミング言語「JAVA」の技術者認定資格です。