IT企業社員の勤務・労働時間・休日・残業

勤務・労働時間

IT企業の勤務時間は、一般的には9:00~18:00程度となっています。

若干朝がゆっくりめの傾向があり、企業によっては10時始業というところも珍しくありません。

営業やエンジニアなど、どの職種の人も日中の時間帯で働く企業が多いですが、職種によっては夜勤も入ります。

その代表例が、ネットワークエンジニアとして監視業務を担当する場合です。

ネットワークは24時間動いているため、その動きをチェックするエンジニアとして勤務するとなれば、24時間を交代制で働くことが一般的です。日勤の日もありますが、夜勤の日もあり、不規則な勤務体系となる場合もあります。

ネットワークエンジニアの仕事

また、新しいIT企業は柔軟な働き方を取り入れており、「フレックスタイム制」を積極的に活用している企業が多いようです。

休日

IT企業の多くは、土・日曜日を休みとする「完全週休2日制」をとっています。このほか、祝祭日も休みとなります。

休日出勤については、その時その時のプロジェクトの状況によるといえるでしょう。

納期が近いにもかかわらず思うように作業が進んでいない場合、プロジェクトが重なっている場合などは、休日に出社して対応しなくてはならないこともあります。

IT企業は残業が多い?

IT業界の仕事は、全体として残業が多いというイメージが定着しているようです。

なかでもSEをはじめとするエンジニアは残業も休日出勤も多いといわれがちなようですが、これは絶対ではありません。

たしかに、納期が迫ってくるとほぼ毎日終電帰宅、土日もどちらかは必ず出勤という日々を繰り返している人がいますが、なかにはプロジェクト進行中も長時間の残業なく仕事を進めている人もいます。

職場環境や人員の配置状況、能力などによって、だいぶ事情は異なるといえるでしょう。

またプロジェクトとプロジェクトの間は一気に暇になり、その間に休みを取ったり定時帰宅をしたりしてリフレッシュしている人も多いようです。

最近はITエンジニアの待遇や労働環境を改善する動きも強くなっているため、以前より働きやすい職場が増えつつあるものと考えられます。