板前への転職

修行が終われば「転職」

板前修業が終わると、その店にとどまるか、もしくは他店に移るかの選択が待っています。

また、板前になってからも、他店へヘッドハンティングされたり、さらに待遇のよい店を求めて転職することは日常茶飯事です。

経験があれば腕一本でやっていける職業だからこそ同業の転職が可能といえるでしょう。

異業種転職もアリ。未経験者は調理学校からが望ましい

板前には年齢制限はありませんので、未経験でも誰でも転職が可能です。

とはいえ、まずは見習いから始まりますので早朝から深夜まで働ける体力と、自分より年下の先輩の指示を素直に聞けるかがポイントです。

また見習い中は給料も少ないのを覚悟しておく必要もあります。

まったく知識のない場合は、調理学校に入学し、料理全般の基礎的な技術と知識を学んでから就職するという手もあります。

いずれにせよ、異業種からの転職は過酷な板前修業に耐えられるかにかかってきます。

まずは板前になって何がしたいのか、明確な目標を決めてから行動するようにしましょう。

美的感覚を養う

料理が好きなことはもちろんですが、美的感覚が備わっていると転職してから役に立つ可能性があります。

和食は盛り付けも味のひとつです。料理をいかに美しくおいしく見せるかも板前の腕の見せどころですから、美術館で絵を観たり、割烹や和食料理店の盛り付けや味をみておくのもよい勉強になるでしょう。

また調理師免許が必要と思われがちですが、実際のところは就職時に取得できていなくても問題ありません。

ただし、持っているにこしたことはありませんので、機会があれば取得しておきましょう。

経験があれば中途も問題なし

板前は経験が上がれば上がるほど、就職条件が有利になります。したがって、中途でも経験がどれだけあるかで就職できる職場も変わってきます。

優秀な人ほどヘッドハンティングされるケースもありますので、まずは板長を目指して腕を磨きましょう。