板前の給料・年収

板前の収入は?

板前の給料は、勤める店や会社、経験、能力によって大きく異なります。調理師全体で見ると、月給が25万円程度、年収にして330万円程度が相場のようです。

ただし、これはあくまでも参考数値であり、経験の浅い板前はこれより稼げない場合もありますし、長年経験を積んだベテラン板前になると、年収500万円以上を稼ぐ人もいます。

店舗や企業によって給与体系は異なり、年に2回のボーナスが支給されたり、業績によってインセンティブが支給される店もあります。一般的には大手企業が運営する店や、一流と言われる店に勤めるほど、待遇面は良い傾向にあるようです。

また、独立して自分の店を持った場合は、その店の売上が大きくなればなるだけ収入も増えるでしょう。

飲食店の経営は決して楽なものではありませんが、「自分の店を持つ」ことは、料理の道で生きる多くの人の最大の目標かもしれません。

修業中の給料

では、板前修業中の人の場合、給料はどれくらいになるのでしょうか?

こちらも店によって変わってきますが、昔ながらの割烹や料亭の場合、修業中は「住み込み」で働くこともあります。店の寮に入り、朝から晩までひたすら技術を磨いていくのです。

住み込みの場合、給料はもらえても月に数万円程度ですが、食事も住環境も整っているため、生活に困ることはないでしょう。

住み込みでない場合は、手取りで15万円〜18万円程度が一般的となっているようです。

この職業は、経験が浅く若いうちは他の仕事と比べると収入がだいぶ低いケースが多いですが、腕を磨けば磨くほど稼ぎも増えていきます。誰にも負けない技術やセンスを身に付ければ、自分の腕一本で食べていくこともできるのです。