板前の魅力

ベテランになればなるほど給料アップ

高級割烹や一流ホテル、料亭、旅館などの職場環境や、経験の有無によって待遇はさまざまです。

しかしひとついえることは、経験を積めが積むほど給料も比例して上がっていくということです。

たとえば都内の高級寿司店の場合、板前の見習いは月給21万から板前のベテランになれば40万円と、その差は歴然です。

小さな日本料理店など規模の小さい店の場合は、見習いは社会保険など福利厚生が不十分なケースもあります。

以上のように、板前は未経験とベテランでは待遇の差がはっきりと分かれています。

料理や盛り付けが美しくおいしくできるようになる

当然のことですが、調理師、とりわけ板前になれば実生活でも食事をおいしく作ることができます。和食は盛り付けも重視されるため、料理を美しく見せるテクニックが発揮できるでしょう。

さらには料理を引き立たせる器においても、最適なものを自然と選ぶことが可能です。

板前は、小さいころ自分の作った料理が家族に喜ばれた——そんなきっかけで和食の道に入った人も多い職業。

常日頃から磨かれる味覚や美的感覚が、日常生活でも料理という形で活かされることでしょう。

職場環境によっては英会話も身につく

和食が世界文化遺産に登録されたことにより、日本のみならず海外でも活躍の場が広がっています。

とくに欧米では健康食ブームの影響で日本食は注目の的。都心や外資系ホテルなどが職場になれば、自ずと実践的な英会話を身につけることができるでしょう。

海外で働きたい、独立をしたいという人は会得しておきたい技術です。

明確な目標を持つことが大切

1人前の板前になるには最低でも10年かかるといわれています。

また、板前になるまでの修行においても、先輩や上司の指示は理不尽でも必ず守らねばならず、早朝から深夜まで厳しく教えられるため、中途半端な気持ちではやりぬくことは難しいでしょう。

しかし、それでも板前を目指す人は「自分の店を持ちたい」「板長になりたい」といった明確な目標を叶えるために、石にかじりついてでも努力を積み重ねています。

その努力が実ったときのやりがいはもちろんありますが、目標に向かう力もやりがいになります。

板前という夢が自分を支えてくれるとともに、仕事をやりぬく力になる職業といえるでしょう。