板前の大変なこと、苦労

労働時間が長く、休日が少ない

板前の仕事に限らず、飲食業界は労働時間が長い職場が多いです。

その大きな理由は、料理を作るためには素材の仕入れや仕込み作業が必須であること、さらには店の掃除や後片付けなど、店を整え、お客さまを気持ちよく迎える準備に時間がかかることが挙げられます。

たとえば11時開店、23時閉店の店であれば、朝7時から仕込みをスタートし、閉店後に片付けをして0時過ぎにようやく帰れるといったことはざらにあります。

昼営業と夜営業の間に2〜3時間の「アイドルタイム(空いている時間)」や「休憩時間」を挟む店もありますが、その時間も料理人たちは最低限の休憩や食事をとり、夜に向けて仕込み作業を行うのが一般的です。

忘年会や歓送迎会など、いわゆる繁忙期には、丸一日小休憩以外とらずに働き続けることもあります。職場によっては休日も不規則になり、さらに「週休一日」の職場も少なくありません。

一般的なサラリーマンからすれば、信じられないことかもしれません。しかし、料理の世界は多かれ少なかれそういうものです。

とても苦しい仕事のように思えますが、最前線で活躍する料理人は「24時間365日料理のことを考えていても、全然つらくない」と答える人が多くいます。

言い換えれば、それだけ仕事に情熱を注げる人でなければ、板前になるのはおろか、料理の世界で生きていくことすら難しいのです。

厳しいようですが「それでも本気でやりたい」と思える人なら、将来はきっと素晴らしい板前になれることでしょう。

人間関係の構築

日本料理の世界は上下関係が厳しいため、「若者特有のノリ」などは一切通用しません。目上の人には敬意を払うのが当たり前であり、挨拶やマナーなどがなっていないと、大声で怒鳴られることもあります。

職人的な仕事であるだけに、堅気の人も多いです。

修業中は下っ端であるという自覚を持って行動しなければならないのですが、「調理場」という閉鎖的な環境で仕事をする時間が長いため、人間関係がうまく構築できなければ、仕事そのものがつらくなってしまうかもしれません。