医師のやりがい

患者さんと医療の架け橋に

医師という仕事の大きなやりがいは、患者さんと医療の架け橋になれることです。

医師は患者さんの病気を治す職業だと思われがちですが、そうではありません。患者が病気や怪我を治そうとするのを手助けするのが医師の役割です。

病気や怪我で苦しんでいる患者に対して一番大切なのは、まずは今自分の体に起きていることをしっかり理解してもらうことです。どんな症状が出るのか、どんな原因があるのか、どのように薬を服用すれば良いのか、どんな手術法が考えられるかを丁寧に説明して患者さんに理解してもらうのです。

この説明によって病気や怪我に対して正しい知識を持ち、患者さん自身が最も納得できる治療法を一緒に選択することで、患者さんの「病気を治したい」という前向きな意思を引き出しながら治療を進めていくことができます。

ともに病魔と闘って病に打ち勝った患者さんの笑顔を見るとき、医師は大きなやりがいを感じることができるのです。

究極の「人助け」をめざして

医師というのは、人間の心身を治療するという特殊な仕事に携わる職業です。「事故で足を怪我してもう二度と歩けないかもしれない」「がんになってしまったので長く生きられないかもしれない」「なかなか子どもを授かることができない」…。

病院を訪れる患者の悩みや苦しみは人それぞれですが、こうした患者に対してあらゆる医療技術を駆使して治療にあたることで、その人生を支えることができます。

病気が治った、怪我が良くなった、という事実は、その人の人生を丸ごと左右するほど大きなことです。なかには性格まで明るくなったり、家族や友人との関係まで良くなったりする人もいます。

また、諦めていた命を救ってもらったことで、残りの人生を精一杯生きようとする人もいます。

全ては医師という職業があってこそのことなのです。医師の仕事は、究極の「人助け」につながっている仕事だと言うことができます。