平成26年度医師の給与・収入の統計

※昨年度の医師給与統計につきましては、<医師の給料・年収>をご覧ください。

医師平均年収の統計

厚生労働省の平成26年度賃金構造基本統計調査によると、医師の平均年収は、40.8歳で1,155万円ほどとなっています。

・平均年齢:40.8歳
・勤続年数:5.2年
・労働時間:161時間/月
・超過労働:13時間/月
・月額給与:892,700円
・年間賞与:827,900円
・平均年収:11,540,300円
出典:厚生労働省「平成26年度 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

平成26年度 医師の年収(規模別)

医師の年収は、一般の企業とは異なり、勤務先の規模の大きさと年収は反比例しています。最も年収が高いのは、10人〜99人の1,582万円です。これは、開業医がここに多く含まれているためと考えられます。

なお、100人〜999人の事業所に勤務する医師の平均年収は1466万円、1000人以上は930万円、10人以上平均は1154万円となっています。
医師の給料・年収(規模別)_26_2

平成26年度 医師の年収(年齢別)

医師はキャリアとともに順調に年収が上がる傾向にあります。とくに男性の収入の上昇は顕著であり、60〜64歳の男性医師の平均年収は1,867万円にもなっています。

女性の医師の年収は、男性よりも少ない傾向にありますが、30代では1,000万円を超えており、他の職業と比較すると大変高い給与といえます。
医師の年収(年齢別)_26_3
※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。