医師の臨床研修

平成16年から必修化した臨床研修

かつては、医師の臨床研修に関しては「医師免許取得後も2年以上の臨床研修を行うように努めるものとする」とされており、研修はあくまでも努力規定でした。

しかし、平成16年の改定によって「診療に従事しようとする医師は、2年以上の臨床研修を受けなければならない」とされ、必修化されました。臨床研修を受けなければ、医師として診療に従事することができなくなったのです。

医師を志す人にとっては、研修が必修化したことで、医学をよりじっくり学ぶ機会が増えたことになります。必修化によって、地域医療との接点が増えたり、専門の診療科に偏らずに幅広い科での研修を行ったりもできるようになりました。

ただし、この臨床研修は、あくまでも診療に従事する人の場合に必要になる研修です。大学などの研究機関で研究者としての道を歩む医師の場合は、臨床研修を受けなくても業務に差し支えはありません。

臨床研修のプログラム

医師の臨床研修のプログラムは、受け入れ先の病院によって異なります。規模の大きい総合病院では各診療科を1〜2ヵ月ごとに回ることもありますし、専門分野に特化した病院では、特定の診療科で時間をかけて知識やスキルを磨くこともあります。

どの病院の研修プログラムに参加するかは、個人の希望によって自由に選ぶことができます。最近ではインターネット上でプログラムの内容を公開する病院も増えており、より選択の幅が広がっています。

なお、以前は研修医が診療のアルバイトをすることが一般的になっていましたが、近年はこういったアルバイトは基本的に禁止されており、研修プログラムに専念することが求められています。