医師の勤務時間、休日

病院の開院時間に合わせた勤務

医師の代表的な活躍の場は、病院です。病院で働く医師は、それぞれが勤務する病院の開院時間に合わせて仕事をするのが一般的です。

一般的な病院の開院時間と言えば9:00〜18:00頃ですが、これは診療科によって大きく変わります。耳鼻科や皮膚科のように、命にかかわる急患が発生しにくい診療科の場合は、ある程度のスケジュール通りに勤務することが可能です。

しかし、たとえば小児科や産婦人科、救急科になれば、夜中になっても急患が訪れることがあるため、夜遅くまでの診療や携帯電話での呼び出し等が日常茶飯事になります。また、内科や外科で大きな手術に立ち会うときには、長時間の労働になる場合もあります。

徹夜明けでそのまま翌日の勤務へと続くようなときもあり、不規則な生活を覚悟しなければなりません。

休日にゆっくりできないことも

病院の規模や担当している診療科、医師の数などさまざまな要因によって、医師の勤務時間や休日は大きく変化します。

基本的には休診日を医師の休日としていることが多く、多いのは水曜日や木曜日の午後+日曜日、あるいは土曜日の午後+日曜日というケースです。ただし、こうした時間を担当している症例の研究をしたり、教授の学会の論文を手伝ったりすることにあてる場合もあります。

休みの日でも連絡がつくようにしていなければならない状況もありますし、担当の患者さんがいる場合にはなかなか長期の休暇を取得しにくいということもあります。

24時間体制の大きな病院ではなく、街の診療所に勤務する医師や開業医の場合は、診療時間や休日が決まっているため、比較的勤務時間は短くなります。

研究機関の医師の場合

大学や研究所などの研究機関で働く医師の場合は、当直や呼び出し等がないため、基本的には規則正しい勤務スケジュールとなります。

朝の9時頃から出勤し、実験やデータの分析を行いながら12時頃に昼食休憩を取り、夕方18時頃には勤務を終えます。

ただし、研究職の場合は学会発表前などが特に忙しく、実験の数値が思い通りに出ない場合は残業続きになるようなことも珍しくありません。臨床医、研究医のいずれにしても、医師は大変忙しい職業のひとつだと言われています。