研修医の給料・年収

研修医の生活の保障

かつては、医師のなかでも「研修医」というと、給料がとても低く研修終了後に病院で診療のアルバイトをして生活費を稼ぎながらなんとか2年間を乗り切るというのが一般的なイメージでした。

しかし、こうした経済状況では医師が研修に集中できないということもあり、平成16年の規則改定後に、基本的に研修プログラム期間中はアルバイトをしてはいけないということになりました。

そのぶん、研修医として、生活を送れるだけの給料を手にすることができるようになっています。厚生労働省のデータによると、平成19年度の段階での研修医の一年目の年収は、平均で413万円です。

同じ研修医でも二年目になると少しアップし、年収の平均は466万円になります。

一人前の医師の給料に比べるとまだまだ低い金額ではありますが、一般的なサラリーマンの年収を比較して考えると、十分に生活が送れるぐらいの金額です。

病院による給料の差

研修医の給料の平均は400万円代ですが、その金額は病院によって差があります。給料が高い病院では650万円ほどになることもあり、給料が低い病院では300万円ほどになります。

私立病院か国立の大学病院か、東京の病院か地方都市の病院か、病院の経営状態が良好かどうかによって、金額にこのような差が出てくるようです。

しかし、いずれにしても研修医期間を終えたら給料は大きくアップしますし、給料ばかりを重視して研修先を決めるということはあまり良い方法ではありません。

どの病院でどんな研修を積むのかが医師としての大切なスタート地点となり、今後の未来を大きく左右するため、長い目で見て研修先を選ぶほうが良いでしょう。