医師の就職先、活躍の場

病院で働く医師

医師の最も代表的な就職先は、病院です。患者さんと向き合い、診察や治療、リハビリなどを行うのが主な仕事になります。

しかし、病院と一口で言っても、その種類や規模はさまざまです。小さい病院だと、個人開業の診療所や離島などの病院がありますし、大きい病院だと大学病院や私立の大病院があります。

小さい病院だと何でも一人でこなすというのが一般的ですが、大きい病院では科によって細かく専門が分かれています。

例をあげると、「内科」「外科」「産婦人科」「泌尿器科」「小児科」「産婦人科」「救急科」「麻酔科」「眼科」「耳鼻科」「皮膚科」「整形外科」「形成外科」「精神科」があります。

さらに内科のなかでも「呼吸器内科」「循環器内科」「消化器内科」と分かれていることもあり、医師は細分化した専門分野のなかでそれぞれの仕事をしています。

臨床医の世界では、一度専門を決めるとその道をずっと究めていくことが一般的ですが、途中で専門分野を変えることも可能ではあります。

研究機関や企業で働く医師

臨床医以外にも、研究職として働く医師がいます。こうした研究医の就職先は主に大学などの研究機関になり、実験やデータの収集をして学会で発表することで医学の発展に貢献しています。

こうした臨床医や研究医以外にも、献血者や健康診断の受診者を診る「検診医」「健診医」もいますし、特定の会社で社員の健康を守るために働く「産業医」と呼ばれる医師もいます。

また、医師免許を持っていても会社員になる道を選ぶ人もいます。医療や薬に関係する企業で働いたり、医療分野に強いジャーナリストとしてマスコミで働いたりするのです。

医師の活躍の場は、実に幅広い分野に及ぶことがわかります。