結婚、子育てしながら医師として働ける?

再就職やパート勤務がしやすい

今、日本では多くの地域が深刻な医師不足に悩まされています。特に産婦人科や小児科などの人手が足りていない科では、常に医師の求人募集をしているというケースもあるほどです。

こうした現状もあり、医師の場合は、結婚や子育てで一度退職したとしても比較的簡単に再就職することが可能です。

あるいは、結婚や子育てと両立させながら働く場合は、短時間労働のパートタイムで働くことも可能なので、自分の思い描くライフプランに合わせて働き方を選びやすい職業だと言えるでしょう。

ただし、近年の医学の進歩にはめざましいものがあり、数年のブランクが大きな遅れになることもあります。医師として復帰する予定がある場合は、常に医学の勉強を怠らないなどの努力が必要になります。

開業医をめざすという選択も

結婚生活や育児と医師の仕事を両立させたいと考えた場合には、「開業医」をめざすという選択もあります。

個人の病院の場合は、自宅と診療所が同じ敷地内に建っていることが多く、昼休みや空き時間に自宅で休憩をとりながら家事や育児をすることができます。

また、産婦人科や小児科の場合は、夜も自宅で休みながら急患に対応できるようになるという大きなメリットがあります。

医院の開業には多額の資金が必要にはなりますが、医師には定年退職がないので、一度開業すれば生涯仕事を続けることが可能です。また、医療に対する需要はどんな地域にもあるため、自分の出身地にUターンして開業することもできます。

特に地方ほど医師不足に陥っているケースが多いので、開業医という選択は地域にも大きく貢献できるでしょう。