医師の1日

臨床医のタイムスケジュール

医師の代表的な活躍の場は病院です。臨床医として働く医師は、勤務する病院の開院時間に合わせてシフトを組んでいます。

働き方は担当する科によって大きく異なりますが、「耳鼻科」や「眼科」など夜勤のない科での一般的な働き方を例にとると、一日の流れはこのようになります。

8:30 出勤、白衣に着替える、カルテを準備したり診療用の医療器具を整えたりする
9:00 開院、患者の診察や治療
13:00 午前の診察の終了、昼食休憩
14:00 病院の午後の診療再開とともに、再び診察へ
18:00 病院の閉院後、資料の整理や医療器具の発注などをして退勤

病院の診療時間は午前と午後の部に分かれていて、12:30から14:00くらいまでは休診にするのが一般的です。この間に、病院のスタッフは昼食休憩をとったり院内の環境を整えたりします。

しかし、忙しい日は午前の部の診察が長引いてほとんど休憩がとれないということもあり、のんびり外でランチ、なんていう余裕はありません。病院で働く医師や看護師は院内の食堂を利用するか、昼食を持参するのが一般的です。

夜勤や呼び出しがある臨床医も

「産婦人科」や「救急科」に勤務する場合は、上記のような規則正しい生活というわけにはいきません。24時間体制での受付となるため、医師も夜勤や呼び出しがつきものになります。

また、個人宅と病院を併設した医院でも、夜中に患者さんが駈け込んで来れば対応することが多く、実質24時間体制でスタンバイすることになります。

研究医は会社員に近い働き方に

一方で、研究機関で医学の研究をする研究医の場合は、一般的な会社員に近い働き方になります。朝出勤して、一日研究に取り組み夕方頃に帰宅するという流れで、夜勤や呼び出しはありません。

学会発表などでの出張も多く、ときには海外出張になることもあります。