医師の独立・開業

医師として独立開業をめざすには

医師免許を取得すると、独立して病院を開業することができます。しかし、実際には医師になっていきなり独立するというケースはほとんどなく、まずは大きな病院で経験を積みながら資金を貯めて、10年以上経ってから独立するというケースが多いようです。

その理由のひとつとして、病院の開業には莫大な資金が必要だということがあげられます。一般的な飲食店を開業する際にも当然設備投資は必要になりますが、病院の場合は専用の医療機器を揃えなければいけないので、さらに多額な設備投資が必要です。

レントゲンやCTスキャン、エコーの設備をそろえるには数百万円単位でのお金が必要になり、こうした医療機器はメンテナンスも欠かせません。

さらに、人件費もかさみます。病院には医師だけでなく、看護師や薬剤師、検査技師等のスタッフも必要です。こうした医療スタッフはいずれも有資格者となり、給料もそれなりの金額を支払わなければいけません。

病院を開業するためには、資金調達のためのたくさんのハードルをクリアしなければいけないのです。

医師の独立開業専門のコンサルタントも

このように、病院の開業にはさまざまな課題があることから、世間には「医師の独立開業」を専門にするコンサルタントも多数存在しています。

開業する土地の選定から経営計画の作成、資金調達や行政への手続きの支援など、さまざまな形でサポートするのが役割です。

病院を開業するということは、医師としてだけではなくて、経営者としての手腕も必要になってきます。周囲のサポートをうまく取り入れながら、病院の経営を軌道に乗せることが大切です。