医療情報技師のやりがい、魅力

困っている人たちの力になれる

医療情報技師の仕事は、医療現場で働くスタッフの負担を減らすことに直結しています。

たとえば、総合病院に電子カルテのシステムを導入することは、医師のカルテ記入の作業を楽にすることや院内での患者の情報の共有をスムーズにすること、薬の処方や診察料の支払いに必要な書類を簡単に作成できることに繋がります。

それと同時に患者やその家族にとっても、既往歴や手術に関する情報という極めてデリケートな情報が電子化によってより確実に管理されるようになることは非常に安心できることです。

医療情報技師の仕事は、医療スタッフと患者双方にとって大きなメリットをもたらします。

ときには医師や看護師から感謝や労いの言葉をかけられることもあり、自分の仕事が社会の役に立っていることを実感できる瞬間となります。

「仕事を通して誰かのサポートをしたい」という希望を叶えることができるのが医療情報技師の仕事なのです。

医療の新たな時代を切り開くために

医療情報技師の使命は、IT技術の導入によって今よりももっと安心で安全で円滑な医療を実現させることです。

最近では一部の病院でオンラインでの診察という試みを始めており、患者がテレビ電話を使って医師に自分の症例について相談することも可能になってきています。

もちろん、遠隔地での診察には「触診や聴診ができない」「その場で治療を始めることができない」「コミュニケーションが取りにくい」などのデメリットは生じますが、離島などの僻地に住んでいる患者が都市部の大病院に勤めている専門医に相談ができることは非常に大きな意義のあることです。

医療情報技師の仕事のやりがいは、このようにして医療の新しい時代を切り開いていく現場に携われるということでしょう。

自分のアイディアや技術次第でどんどん面白いことができるので、チャレンジ精神のある人には非常に向いている職場です。