医療情報技師の就職、求人、募集状況

規模の大きい病院の求人

医療情報技師の仕事は電子カルテなどの医療システムを構築したり管理したりすることです。

活躍の場としては全国の病院が挙げられます。

総合病院のような規模の大きい病院の場合、情報システム部や情報管理部などの部署で正社員として医療情報技師を雇うことがあります。

採用人数自体は少ないので、年度によっては就職試験の倍率が非常に高くなるようです。

医療やITに関する知識・技術が必要とされる専門性の高い職業なので、専門学校で学んだ人や医療情報技師の検定試験に合格している人のほうが即戦力として採用されやすい傾向があります。

医療関係のメーカーの求人

個人の医院や地方の病院、あるいは小規模な病院の場合は情報システムのためだけに専門の社員を雇うのがなかなか難しいという現状があります。

このような病院では、医療機器を取り扱うメーカーや医療関係の情報システムを提供する企業から専門のスタッフを派遣してもらっています。

システムエンジニアの中でも、特に医療業界に特化したエンジニアと考えるとイメージが掴みやすいかもしれません。

具体的な業務の流れとしては、自社で開発したシステムをセールスし、導入を決めたクライアントのもとでサポートをしたりメンテナンスをしたりすることになります。

医療情報技師をめざすのであれば、このような企業への就職をめざすのも一つの道です。

新卒から中途採用まで

医療情報技師の求人の特徴として、新卒だけではなく中途採用も行われています。

医療業界で働いたことがある人や、エンジニアとしての技術がある人の場合、前職で培ってきた経験を生かして活躍できることが多いのです。

転職の場合もできるだけ資格を取得してから採用試験に挑戦したほうがよいですが、企業によっては採用の時点では資格の有無を問わず、働きながら資格の取得を奨励していることもあります。