医療事務の役割

病院や診療所専門の事務職

医療事務とは、病院や診療所専門の事務職です。医療は診察を行ったり治療を行うことはもちろんですが、そうした治療行為には、事務仕事が伴います。

その事務仕事を行うのが医療事務なのです。

一概に病院や診療所の事務仕事といっても、その仕事内容は多岐にわたります。病院や診療所内では、下記のような業務があります。

・レセプト(診療報酬明細書)の作成
・診察券や保険証の受け渡しなどの受付業務
・診療費の計算、会計
・処方せん窓口の対応業務
・電子カルテ等の代行入力・管理
・入退院手続き代行業務

その他に庶務的業務といった仕事があり、仕事内容によって必要になる知識が異なります。

小さな病院や診療所では、数人のスタッフで事務仕事全般をこなしますが、大きな病院では仕事内容ごとに専門のスタッフがいて仕事を分担して行っています。

医療事務とは、病院や診療所の医療が円滑に行われるためのサポートをする仕事でもあるのです。

「レセプト(診療報酬明細書)」とは

医療事務の役割の中で、最も医療事務の知識が問われるのが「レセプト(診療報酬明細書)」の作成です。

このレセプト業務は病院や診療所だけでなく、歯科医院や調剤薬局でも日常的に取り扱われています。

日本では国民の全員が医療保険に加入しているため、病院や診療所で診療を受けた場合、診療費は患者さんに全額保険者ではなく、患者さんと保険者(国や自治体、健康保険組合など)に分けて行われます。

この保険者に請求を行うときに作成されるのがレセプト(診療報酬明細書)という書類です。

このレセプト作成ではカルテ(診療録)を見ながら診療年月や医療機関コード、保険種別、本人・家族の区分などといった情報をレセプト用紙に記入、またはレセプトコンピュータで入力していきます。

そして診療行為の点数と薬価点数を求めて診療報酬を計算し、最終的に医師が確認します。

レセプト業務は、毎月10日の締め切りに提出しなければならないため、スピードも要求される業務です。

審査支払期間に提出し、問題がなければ診療報酬が支払われますが、不備があった場合は、修正して再度提出しなければなりません。

査定次第では、診療報酬額が請求額より少なくなってしまったり、支払が遅れることもあります。

病院の経営に関わる大事な業務であるため、非常に大切な役割を医療事務が担っているといえます。

人をつなぐ仕事

医療事務は、患者、看護師、医師といった人たちとよくかかわる仕事です。

受付や会計、処方せん窓口の対応といった業務では患者さんと接し、入退院手続き代行などでは看護師と接し、カルテの代行入力・管理では医師と接すといったように、非常に人と接することが多いのです。

そのため医療事務は、患者と病院、患者と看護師、患者と医師といった病院や診療所内で人をつなぐ役割を持っているともいえます。

医療事務には保険の知識や処方箋を正確に読み取る力といった、医療事務を行うためのスキルや資格なども大事ですが、接遇マナーなど患者への心遣いや病院内で働く人々とのコミュニケーション能力も必要になります。

仕事体験談