正社員の医療事務

正社員の採用は狭き門になることも

病院やクリニックなどで活躍する医療事務はさまざまな雇用形態で働く人がいますが、なかでも「正社員」は、勤務条件の面などから最も人気がある働き方といえるでしょう。

医療機関によって、正社員の求人を出しているところもあれば、ないところもありますが、待遇のよい病院では正社員の採用試験にかなりの数の人が集まることもあるようです。

どうしてもキャリアやスキルがある人が有利になりやすいため、未経験者の場合、まずは医療事務の資格を取得してから、正社員への就職を目指す人もいます。

契約社員などから正社員へステップアップ

近年、医療事務は人気が高まっていることから、実務未経験であったり経験が浅い場合、いきなり正社員として就職するのは難しいところがあります。

しかし、正社員になることをあきらめる必要はありません。

一部の病院では、契約社員など別の雇用形態からスタートし、その後の勤務態度などを考慮したうえで正社員登用されるケースもあります。

正社員登用をしている病院であれば、求人情報に「正社員登用実績あり」といった表記がなされていることが多いため、ゆくゆくは正社員になりたいという希望があれば、そのようなところを探してみるのもよいでしょう。

医療事務は経験やスキルが重視されるため、どのような雇用形態であっても実務経験を積んでいれば、その後、正社員を目指すための転職活動もしやすくなるでしょう。

マネジメント職に就ける場合も

正社員として働くメリットは、一般的に給与や賞与、福利厚生などの面が他の雇用形態より恵まれている点にあるといえますが、それ以外に、キャリアアップが期待できるところも挙げられます。

たとえば、ある病院では正社員の医療事務は、医療事務課の「責任者」になれるチャンスがあるようです。

そうなると、医療事務の実務はもちろん、スタッフの労務管理や教育などにも携わることができたり、よりいっそう経営に近い部分の仕事も任されるようになるでしょう。

医療事務のスキルを生かしながら、さらに仕事の幅を広げていくことが可能です。

仕事体験談