回答者:アーリーさん(女性/34歳)

職業名:医療事務 / 現在の状態:現役 / 経験年数:5年

仕事内容
私は埼玉県で調剤薬局の医療事務をしております。

小さい薬局なので、正社員は私と薬局長だけで、他にパート勤務の薬剤師が3人います。

事務は私ひとりなので、受付から備蓄管理など本来のレセプト業務以外の雑用もたくさんおこなっております。

元々医療業界にいたものの医療事務ではない仕事をしていたのですが、急遽勤務していた事務の方が辞めることになり、医療事務へ異動になったことが今の職に就いたきっかけです。
仕事のやりがい
医療業界にいるとお年寄りと話すことが多くなるのですが、みなさん病院や薬局に行く機会があっても医療制度など知らないことが多くあるかと思います。

そういったときはこんな制度があるから使ってみたらどうですか?などと教えてあげたりすると、とても喜んでいただけます。

いろいろと相談を受ける機会が増え、頼られていると感じると嬉しく、やっててよかったなと思います。

それと同時に知識が衰えないよう勉強が必要だとも感じています。
覚悟しておいた方がいいこと
医療事務はCMでも専門学校があったりと、人気の安定的な職業であるように見られることが多いのですが、働いてみると正直将来性などはないなと思います。

まず給料に関しては一般的な企業の事務と比べると医療事務の方が低いです。

そして昇給もほとんどありません。

その割には医師・薬剤師・看護師と人付き合いがうまくできず、辞めてしまう人も多いです。

人にもよりますが医療業界の先生と呼ばれる方々は癖のある方が多いです。

私の場合、薬剤師や先生の機嫌を損ねると仕事がストップしてしまうこともありました。

安定という面ではよほどのことがない限り倒産などはありませんが、稼げる仕事ではないことを覚悟した方が良いかと思います。
給料・待遇
私は34歳で勤続年数5年ですが月収20万3000円です。

手取りは保険と交通費などを引いて15万8000円です。

ボーナスは年に2回、トータルで2ヶ月分になります。

年収は300万円もいきません、280万円くらいになります。

福利厚生はほとんどなく、有給休暇と年末年始・お盆休暇があるのみです。
この職業の恋愛・結婚事情
医療業界で薬剤師と恋愛をしている正社員の事務は、私の周りにはあまりいませんでした。

パートの事務さんと薬剤師というのはたまにあったくらいです。

近くの病院は医師との不倫が多かったと思います。

そこは夜勤などもあったみたいで、そのときに先生と看護師が…というのがあったみたいです。
この職業を目指す人へのメッセージ
待遇や環境については正直一般企業の方が良いと思います。

医療業界が安定的とはいえ一般企業が早々に倒産もしないですからね。

ただ得た知識は将来的に自分のためになりますし、普通に生活する上でためになる知識だと思います。

それは働いてみてわかる知識も多々有ると思います。

医療に特化した知識は大切ですよ。

そのためにしっかりと仕組みを理解した上で、常に新しい知識を勉強する努力はしてみて下さいね。

きっと楽しくなってくると思います。