回答者:Anchovyさん(女性/26歳)

職業名:医療事務 / 現在の状態:経験者 / 経験年数:5年

仕事内容
個人経営の胃腸科内科で5年間勤務し、受付・会計(計算)・レセプト確認が主でたまに看護師助手の仕事をしておりました。 受付で保険証確認、症状の詳細を伺い、血圧の測定機への案内をし、会計(計算)で点数計算、処方箋作成、負担割合に応じた料金の受取といった感じでした。 毎日同じことはあまりなく勉強になることばかりに遭遇していたように思います。
仕事のやりがい
たとえば腹痛を訴える方がいたら「何か消化に悪いものを食べたのかもしれない」とまずは考えますが、何を食べたらそうなる可能性があるのか、食べ物以外の可能性は?と十人十色の原因があり、自分の健康に活かせるようなたくさんの事例に出会いましたし、お薬についても非常に勉強になる毎日で充実感がありました。 勤務する病院によるかとは思いますが、評判の良い病院ほど途轍もなく忙しく、休憩時間もまともにとれません。
覚悟しておいた方がいいこと
患者さんが多くても少なくても、待ち時間についてはクレームがつきものなので嫌な思いをする覚悟はしておかなければいけません。 自分にとっては早く、スムーズに会計まで案内出来たつもりでも、患者さんにとっての同じ時間の感じ方は全く違うものだと認識しておかなければ、衝突しトラブルになる原因になります。 そして身なりに対する意識が低い方ほど、先生や患者さんからのあたりが強く感じますので、毎日身綺麗にして身嗜みに気を付けることをおすすめします。 また、新型のウイルス等治療法が未開発のものにも感染するリスクは当然高いです。 丁度新型のウイルスが流行したときに「命を落とす覚悟を持って働くように」と言われ、軽い気持ちで就いて良い仕事ではなかったと大変後悔をした記憶があります。
給料・待遇
地方での勤務だったため、給与は高卒で手取り10万円前後から、短大卒で手取り12万円前後からのスタートでした。昇給は年に一度500円程度のベースアップでした。 ボーナスは年に2回、業績に応じて1.5〜2.0か月分でした。大きい病院だったらもっと待遇は良いようです。
この職業の恋愛・結婚事情
結婚やお付き合いはプライベートで出逢った方とされる方が多いです。 勤務中は忙しいので声など掛けていたらスタッフや待合の患者さんから顰蹙をかうので当たり前だとは思いますが。 極まれに患者さんだった方にプライベートで声を掛けられて交際が始まったという方もいらっしゃいました。 職場での合コンのお誘いも多かったです。
この職業を目指す人へのメッセージ
忙しさに対する賃金の低さ、開業医の場合はセクハラ・パワハラ等沢山の嫌なことに遭遇する確率は高いですが、自分が仕事ができるようになり病院にとって必要な存在になれば環境は一転します。 その時の達成感や喜びはひとしおです。嫌なことも受け入れ充実感に変えて是非頑張ってほしいです。

仕事体験談