未経験から医療事務になるには

資格取得を目指すルートが一般的

未経験から医療事務になるためのルートはいくつか考えられます。

代表的なのは、医療事務の資格取得を目指して勉強し、基礎的な知識を身につけてから病院やクリニックへ就職する方法です。

医療事務は「レセプト業務」など専門知識を要する業務がありますが、その内容に該当する資格を取得しておくことで、採用試験において最低限のスキルがあることを証明しやすくなります。

ただし、医療事務には国家資格がなく民間資格が複数存在する形となっているため、働くうえで資格取得は必須というわけではありません。

未経験者を採用する病院も

なお、未経験者を採用する病院やクリニックがゼロというわけではありません。

「未経験者歓迎」としている医療機関であれば、まったく医療事務の知識がない場合でも、医療事務として採用される可能性はあります。

その場合、先輩に教わりつつ受付窓口業務など比較的簡単なことから業務を覚えていき、同時にレセプト作成など専門性を要する業務に関する勉強をしていくのが一般的です。

医療事務を目指す人が増えており、未経験者を積極的に採用する医療機関の数はそこまで多くないようですが、とにかく早く現場に出たい人にはこのルートをたどるのがよいでしょう。

契約社員やアルバイトなどからステップアップ

医療事務は、もちろん正社員として働くことも可能です。

しかし、雇用条件のよい正社員の求人には多くの志望者が集まりやすく、未経験者はなかなか採用されにくいようです。

そのため、まずは契約社員や派遣社員、あるいはパート・アルバイトとして実務経験を積み、その後、正社員への転職を目指すことを考えてみてもよいでしょう。

この仕事では実務経験やスキルがあると優遇されることが多いため、何度か転職しながら給与アップにつなげている人もいます。

また、病院によっては契約社員からスタートし、勤務態度や実績によって正社員に登用されることもあります。

仕事体験談