医療事務の面接、自己PR

面接の重要性

医療事務の仕事をする場合も、一般企業に勤めるのと同じように就職活動が必要です。

求人情報を探して、履歴書や職務経歴書などの必要書類を送付し、書類選考に通った場合は、面接が行われます。

医療事務の面接で必ずといっていいほど聞かれるのは、「医療事務という職業を志望する理由」や「当院を選んだ理由」です。

そのため、この質問についてはあらかじめ回答を用意しておくのがよいでしょう。

「当院を選んだ理由」については、単に医療事務に興味があったり、やりがいを感じているという話だけでなく、その病院・診療所のことを詳しく調べたうえで、そこで働きたいと思う理由を明確にするとよいでしょう。

未経験者は面接が勝負

医療事務の求人を探すと「未経験者OK」としている病院もありますが、やはり経験者のほうが優先される傾向にあります。

そのため、医療事務を目指す未経験者の多くはまず医療事務の資格を取得し、アピールできるポイントを作ってから応募しています。

しかし、経験がない人にとって資格以上に重要なのは面接です。

面接試験を受けるということは、その病院・診療所は応募者に興味を持ってくれているということです。

それをチャンスだととらえ、面接ではやる気や志望動機を伝えるのと同時に、これからのキャリアプランや努力していきたいことなどを伝えていきたいものです。

面接では人柄が見られる

医療事務の面接では、パソコンのスキルや医療事務として働いた経験があるかといったことが聞かれることもあります。

しかし、面接で最も見られているのは志望動機、やる気、その人の人柄などです。

医療事務はパソコンの前に向かって入力作業を行うだけの仕事ではなく、人と接することが多いです。

ここでいう「人」というのは患者さんであり、医師や看護師でもあります。

そのため、面接では他人と適切なコミュニケーションができるかどうかといった点も見られています。

自己PRを考える

上記のようなことを踏まえて、自分らしい自己PRを考えていくとよいでしょう。

学生時代の部活動やアルバイト経験、とくに打ち込んできたことなどを思い返し、自分の強みや個性が伝わるエピソードを探して、人柄が相手によく伝わる内容にまとめてみてください。

医療事務を目指す人は大勢いるからこそ、ただ「医療事務になりたい」という言葉を超えて、「この人と一緒に働いてみたい!」と思われるようなオリジナリティある自己PRを考えておくようにしましょう。

仕事体験談