医療事務の面接

未経験者は面接が勝負

医療事務の仕事は未経験者OKというところもありますが、経験者から応募があった場合、経験者の方が優先されるため、未経験者が面接にたどり着くのはなかなか難しいことです。

そのため未経験者の人の多くはまず医療事務の資格を取得し、アピールできるポイントを作ってから応募しています。

しかし、未経験者が勝負するポイントはやはり面接です。

経験者がいるにもかかわらず、未経験者と面接をしてくれるのですから、その病院・診療所は、応募者に興味を持ってくれているということであり、チャンスです。

面接ではやる気や志望動機を伝えるのと同時に、これからのキャリアプランや努力していきたいことなどを伝えるのも好印象につながります。

面接で聞かれること

医療事務の仕事をする場合も、一般企業に勤めるのと同じように就職活動が必要です。

求人情報を探して、履歴書や職務経歴書などの必要書類を送付し、書類選考に通った場合は、面接が行われます。

面接で必ず聞かれるのは医療事務に進んだ理由、当院を選んだ理由です。

そのため、この質問についてはあらかじめ回答を用意しておくのがよいでしょう。

当院を選んだ理由については、単に医療事務に興味があったり、やりがいを感じているという理由だけでなく、その病院・診療所を選んだ理由を明確にするとよいでしょう。

面接では人柄がみられる

医療事務に進んだ理由、当院を選んだ理由以外に、面接ではコンピュータのスキルやアルバイトなどで医療事務スキルがあるかといったことが聞かれることもあります。

しかし、面接で最も見られているのは、志望動機や、やる気、その人の人柄などです。

医療事務は単にコンピュータの前に向かって入力作業を行っているだけの仕事ではなく、人と接することが多い仕事です。

ここでいう「人」というのは患者さんであり、医師でもあります。

医療事務のスキルやコンピュータのスキルも大事ですが、適切なコミュニケーションができるかどうか、面接ではそういった点も見られています。

仕事体験談