医療事務技能審査試験(メディカルクラーク試験)とは

実績が高い医療事務資格

医療事務にはいくつかの資格があり、その多くは資格試験に合格することで取得します。

資格試験の中で有名なものに、「医療事務技能審査試験」があります。別名「メディカルクラーク試験」とも呼ばれ、試験のレベルや科目により1級と2級があります。

医療事務技能審査試験は昭和49年度から実施されている試験で、40年近く継続して行われている実績がある資格試験です。

医療事務技能審査試験の受験者数は年間5万人で、40年もの間に受験した人数は150万人にもなり、合格者は84万人以上になっています。

専門学校や大学、職業訓練校などが団体で受験することも多く、医療事務関係の資格の中では最大規模の試験となっています。

試験の運営と形式

医療事務技能審査試験は厚生労働大臣認可の一般社団法人 日本医療教育財団によって実施されていますが、さらに試験の公正性を高めるために病院団体や社団法人 全日本病院協会と提携して実施されています。

試験は全国の公共施設等で毎月1回、年間12回行われます。

試験内容は
・患者接遇に関する記述式の筆記試験の実技Ⅰ 50分
・医療事務知識に関する択一式の筆記試験 60分
・診療報酬請求事務と診療報酬明細書点検についての実技Ⅱ 70分
となっています。

受験料は7,500円で、試験日の2ヵ月前から試験日の2週間前まで受付が行われます。学科試験と実技Ⅰ、Ⅱのそれぞれの正解率が70%以上で合格となり、合格発表は試験日から約1ヵ月後に郵送されます。

日本医療教育財団 医療事務技能審査試験(メディカル クラーク)試験概要

取得できる資格

医療事務技能審査試験では、医療事務に携わる上での基本的な知識と技能が問われ、試験に合格すると「メディカル クラーク」の称号が得られます。

医療事務技能審査試験は医療事務の資格の中で基本知識の有無が判断される試験であり、取得すれば医療事務を行う上で有利になる資格のひとつです。

合格率は50%ほどで、しっかり勉強していれば合格することができる試験ですが、2人に1人が不合格になっているのも事実なので、決して油断はできない試験です。

仕事体験談