結婚、子育てしながら医療事務として働ける?

子育てと仕事を両立することができる理由

医療事務の仕事では、結婚していたり子どもがいる人でも、勤続年数何十年という人が多くいます。それは医療事務が仕事と子育てを両立するのに適しているからです。

その適している部分というのは、勤務時間を自分の都合に合わせやすいという点です。子どもが小さいときに仕事をするには、子どもを保育園や幼稚園に預けますが、子育てをしながら正社員としてフルタイム働くのはなかなか難しいことです。

しかし医療事務の場合、契約社員やアルバイトでは、午前中のみ、午後のみ勤務したり、週3日のみ勤務することが可能なため、子育てと仕事を両立しやすくなっています。

子どもが小さいときは、契約社員やアルバイトして仕事を続けて、子どもが小学校に上がったら正社員に復帰するという人もいます。

また、病院によっては他の医療スタッフ向けに託児施設を設けているところもあるので、その施設を利用すれば子育て中の女性も働きやすいのです。

勤務時間や場所の自由度が高い

医療事務は子育てをしながら仕事ができる職種として特に女性に人気がある仕事ですが、それは勤務時間や勤務日が比較的自由という点があげられます。

アルバイトやパートなどの雇用形態で雇っている職場が多いので、自分の働きたい時間に合わせて働くことができます。

また、全国どこにでも病院はありますので、どの地方でも勤務先が見つけやすいというメリットもあります。

復帰が容易

医療事務の仕事は、子育てとの両立がしやすいというだけでなく、子育てのために一端仕事を辞めても復帰しやすいというメリットがあります。

子どもが小さい数年の間仕事を休んでも、資格やスキルがあれば、経験者として仕事が復帰しやすいのです。

ただし、何年かに一度、医療事務の業務に関する法改正があるのである程度の勉強は必要となります。

仕事体験談