医療事務は激務? 残業は?

多少の残業が発生することも

医療事務の仕事を希望する人にとって、残業がどのくらいあるのかという点は、どうしても気になるポイントかもしれません。

結論からいえば、医療事務は長時間の残業をすることはめったにありませんが、30分から1時間程度の残業を求められることはあります。

ただし、もちろん勤務先によっても異なりますし、雇用形態が正社員なのか、それとも派遣社員やパート・アルバイトなのかによっても異なります。

正社員であれば、パートの人が定時に上がってからも、残務を片付けるために残業を求められることがあります。

残業が発生する代表的な要因のひとつは、診療時間が過ぎても患者さんが残っている場合です。

連休明けなどは患者さんの数が増える傾向にあり、すべての患者さんの診察が終わって、会計まで済ませるとなると、どうしても勤務時間を超えてはたらかなくてはならないこともあります。

レセプト請求時期は多忙になる

医療事務が最も多忙になるのが、患者さんの「レセプト(診療報酬明細書)の作成」をする時期です。

レセプトは毎月10日頃が締切となるため、月初から10日頃までは医療事務の業務量が一気に増える時期となります。

しかし、業務時間内は患者さんの対応をするため、どうしても業務時間外に時間を作って作業を進めなくてはならないことがあります。

複数の医療事務が手分けして作業を行うところもありますが、なかには一人で莫大な数のレセプトを作成する職場もあり、その際はかなりの忙しさとなるようです。

時間の融通がききやすい職場もある

ただし、医療事務は働き方によっては、時間の融通がききやすい仕事だといわれています。

派遣社員やパート・アルバイトであれば、基本的に残業をすることはありません。

家庭と両立して仕事をする主婦も大勢活躍していますし、自分の無理のない範囲で医療事務として働くことは十分に可能だといえます。

また、あくまでもこの仕事はデスクワーク中心であり、体力を要するような業務は普通ありません。

人とコミュニケーションをとったり、机に向かって集中することが苦にならない人であれば、そこまでつらさを感じることはないでしょう。

仕事体験談