独学で医療事務になれる?

誰でも医療事務として働ける可能性はある

医療事務になるうえで、「絶対にこの道をたどらなくてはならない」ということはありません。

医療事務は特別な資格や学歴がなくても働ける仕事であり、実際に実務未経験者を雇っている病院やクリニックも存在します。

したがって、誰でもすぐに医療事務として働ける可能性はあるといえるでしょう。

とはいえ、医療事務はレセプト作成や診療報酬の算定など、専門性の高い業務も任されます。

第一線でしっかりと活躍していきたいのであれば、やはり勉強をして、専門知識を備えることは不可欠といえます。

資格取得を目指して勉強するのが近道

医療事務に必要な基礎知識を習得したいのであれば、まずは医療事務の資格の取得を目指すとよいでしょう。

医療事務の資格はたくさんの種類がありますが、その資格試験に合格するための勉強をしていれば、自然と医療事務に求められる知識が身についていきます。

医療事務の資格は、それぞれ主催団体が異なるほか、試験内容が医療事務の業務全般のものもあれば、ある分野に特化しているものもあります。

なかには特定の講座を修了することが受験資格になる資格もあるため、まずはどの資格を目指すか考えていくとよいでしょう。

医療事務の資格

通信講座を利用する方法も

医療事務のテキストは書店でも売られていますが、医療事務の勉強を初めてする人にとっては、専門用語など複雑でわかりにくいところも多いと感じるかもしれません。

しかし、専門学校やスクールに通うほどのお金や時間をかけられないという場合には、通信講座の利用を考えてみてもよいでしょう。

医療事務の通信講座は複数ありますが、数万円程度で資格取得まで目指せるものも存在します。

医療事務になるのは独学でも不可能ではありませんが、独学だと、法改正があった際の最新情報を入手しづらかったり、勉強につまづいたときに相談できなかったりといったデメリットがあります。

自分にとって最もモチベーションを保てる勉強方法を考えてみてください。

仕事体験談