アルバイトの医療事務として働く

アルバイトの仕事内容

医療事務は、正社員、契約社員、派遣社員以外にも、アルバイトの募集をしているところもあります。

そのうち契約社員、派遣社員やアルバイトは勤務時間や出勤日を調整できるため、子どもが小さいうちはそうした雇用形態で勤務し、子どもが大きくなってから正社員として勤務するといった方法で長く仕事をする女性が多くいます。

医療事務の募集は年間を通して行われていることが多く、自分にあったタイミングで応募することができます。

一般にアルバイトというと責任の軽い仕事だと思われがちですが、医療事務の場合、勤務先によってはそうはなりません。

大きな病院では各専門のスタッフが分担して仕事をしているため、比較的責任の少ない業務を行うことになりますが、小さな病院や診療所では仕事内容は正社員とほぼ同じで、責任の大きなレセプト業務なども行う場合があります。

ただし、仕事の忙しさは正社員に比べると、それほどハードにならないようです。

アルバイトには早出・残業はない

アルバイトは勤務時間や出勤日が自由になるのが特徴ですが、もうひとつのメリットは早出や残業、休日出勤はほぼないことです。

正社員の場合、レセプトの提出期間など、時期によって残業をしなくてはならないときがありますが、アルバイトではそのようなことはありません。

決まった時間に出勤して退勤できるため、他に仕事を持っていたり、子育てと両立して仕事をすることが可能です。

アルバイトの待遇

アルバイトの時給は都心部の病院か地方の病院か、または個人の病院か大きな病院かによって異なります。給与は時給で計算され、大体時給900円〜1100円くらいになります。

なお、診療時間が長い病院では勤務時間がシフト制になっており、そのような病院では深夜の勤務時間でのアルバイト募集もあります。

深夜時間の時給については、深夜料金が追加されるため昼間の勤務よりも時給は高くなります。

仕事体験談