医療秘書の給料・年収

正社員の場合

近年、医療秘書をはじめとする医療系の事務職は、とても人気のある職業となっています。

それでは、そんな医療秘書の給料や年収はどのくらいなのでしょうか。

まず、医療秘書の給料や年収に関しては、雇用形態が正社員なのか、派遣社員や契約社員などの非正規雇用なのか、どのような医療機関に勤めているかによって大きな差があります。

たとえば、患者数が多くて人気があり経営が安定しているような総合病院で正社員として働いている場合は月収が15万円〜25万円ほどになるのが一般的です。

家賃補助として住宅手当が支給されたり保養所が使えたり提携している施設で優待サービスを受けられたりすることもあり、福利厚生の面でも充実しています。

また、ボーナスも年に2回ほどあります。

医師の学会準備の手伝いなどで残業や休日出勤が多い医療秘書の場合、年収300円以上を稼げることもあるようです。

非正規雇用の場合

一方で、規模の小さい病院で医療秘書として働いている場合や派遣社員や契約社員の場合は、やはり給料も低い傾向にあります。

統計は出ていませんが、月収15万円以下ということも珍しくないようです。

また、パートタイマーやアルバイトの場合は平均的に時給が800円〜1000円ほどになります。

医療秘書というと「専門性が高くて給料も高いのではないか」と思う人もいるかもしれませんが、実際は一般的な事務職と比べて、それほど差がない金額といってもよいでしょう。

医療現場での仕事といっても医師や看護師のように国家資格を取得した人しか就けないというような職業ではないということが、給料がそれほど高くはない理由のひとつかもしれません。

給料を少しでも高くしたいのであれば、経営の安定している総合病院の求人を探すことや、非正規雇用ではなくて正規雇用の求人を探すことが重要です。

また、医療系の資格を取得している人に手当がつく場合は、関連している資格を多数取得できるように努力することも大切です。