医療秘書になるには

誰にでもチャンスがある

医療秘書になるには、どうすれば良いのでしょうか。

まず、気になる学歴に関してですが、医師や看護師のように医学系の大学や看護の専門学校を卒業しなければいけないということはありません。

医療秘書というのはあくまでも事務職になるので、医学や看護に関する専門的な勉強をしなければこの職業に就けないということではないのです。

また、一般的には「四年制大学を卒業していなければいけない」「理系の学部を卒業していなければいけない」というような制限もないので、熱意のある人が求人に応募して採用されれば、誰でも医療秘書として働くことは可能です。

就職に向けてできること

もちろん、医療秘書として採用されるためにはある程度の適性や知識というものが重要になってくるので、就職前に準備をしておくことも大切です。

まず、秘書としての適性は「コミュニケーション能力が高く、よく気がきくこと」「積極的に周囲の人のサポートができること」「段取りが上手く、ミスなく丁寧な仕事ができること」などがあげられます。

さらに、パソコンスキルや電話応対のスキルなど、秘書として働く上での基本的なスキルも重要になってくるので、できれば就職試験前にこのような分野の勉強をしておいたほうが安心でしょう。

パソコンのWordやExcel、PowerPointが扱えないという人は、パソコンスクールに通って学ぶのもひとつの方法です。

さらに重要なのは、働く上で最低限必要となる、医療に関する知識を身につけておくことです。

これに関しては「医療秘書技能検定」などの試験に向けて勉強をして合格することで、必要の量の知識を確実に身につけることができるでしょう。

このような勉強をした上で病院や薬局などの医療機関の求人情報に応募したり、医療系の派遣会社に登録したりすると、実際に医療秘書として働けるようになります。