医療秘書と医療事務の違い

女性に人気の医療系の仕事

「医療秘書」という職業名はまだあまり世間ではよく知られていませんが、「医療事務」という職業名なら聞いたことがあるという人が多いのではないでしょうか。

近年、資格取得のブームのなかで「医療事務」に関する試験を受ける人が多く、医療事務の勉強ができる通信講座なども人気を集めています。

それでは、「医療秘書」と「医療事務」の仕事にはどのような違いがあるのでしょうか。

ここではその違いを説明します。

仕事の違い

まず、仕事内容の違いについてです。

このふたつの職業は、どちらも病院などの医療機関で事務仕事をするという点では共通しているのですが、その仕事内容が大きく異なります。

医療事務は病院の受付や会計、カルテ整理などを行っているのに対して、医療秘書は大きな病院の院長や医局などの秘書としてスケジュール管理や来客の対応をする仕事をしています。

また、医療事務のほうは患者さんと接する仕事が多く、どちらかというと接客業としての一面もあります。

一方で、医療秘書のほうはどちらかというと取引先やマスコミなどの人たちと接する仕事が多いですし、医師の学会の準備を手伝ってデータを入力したり論文を検索したりすることもあるので、「事務職」であり少しだけ「研究職」としての一面もあります。

資格や能力の違い

それでは、医療秘書と医療事務の資格はどのような違いがあるのでしょうか。

これに関しては、どちらも国家資格を必要とする専門職ではないという点は共通しています。

ただし、医療事務の場合は「診療報酬請求事務能力認定試験」を受験する人が多いのに対して、医療秘書の場合は「医療秘書技能検定」を受験する人が多いという違いがあります。

実際には、どちらの職業でも働けるように両方の勉強をしてから就職活動を行う人も多いようです。

医療秘書も医療事務も両方できるという強みがあれば、採用において有利になることもあります。