結婚、子育てしながら医療秘書として働ける?

女性が活躍する職業

医療事務や医療秘書として働いている人の割合は、圧倒的に女性が多いようです。

その理由のひとつとして、医療系の事務職は正社員以外にも派遣社員の採用やパートタイマーの採用が多く、家庭との両立をはかりたい女性にとって働きやすい環境があるからといっても良いでしょう。

たとえば、独身女性が「結婚して子どもを産む予定があるので数年だけ働きたい」という希望がある場合は派遣社員として働くという選択ができます。

また、子育て中の主婦が「家事や育児と両立できるよう短時間だけ働きたい」という希望がある場合、一日のうち数時間だけパートタイマーとして働くという選択もできます。

自分のライフプランに合わせて働き方を選びやすいという点で、医療秘書は女性が結婚や子育てをしながらも続けていきやすい職業のひとつといえます。

もちろん、派遣社員やパートタイマーとしての雇用の場合は給料はそれほど高くないのが一般的です。

正社員のように安定した給料がもらえたり一年ごとに昇給したりボーナスがもらえたりするわけではないので、何を優先して仕事を選ぶのかはよく考えたほうがよいでしょう。

誰でも挑戦できる技能検定

また、医療秘書の仕事に就いている人のなかには、医療秘書の技能検定に合格して、一定の知識やスキルをアピールできるようにしている人も多くいます。

この試験は年齢や学歴、職歴に関係なく誰でも受験することができるので、子育て中や介護中の主婦でも挑戦することが可能です。

問題集やテキストを購入して、家事や育児、介護の合間に自宅でコツコツと勉強をしている人もいるようです。

独学で勉強をするのは大変かもしれませんが、検定に合格することで就職のときにアピールできる強みができるので、専門性のある事務職に就きたい女性は挑戦してみるのもよいのではないでしょうか。