医療秘書に必要なもの、求められるもの

必要な資格や免許とは

医療秘書という職業は国家資格が必要な仕事ではないので、働く上で絶対に取得しておかなければいけない資格や免許というものはありません。

しかし、一般的には仕事の際に役に立つようにと「医療秘書技能検定」の試験を受ける人が多いようです。

この「医療秘書技能検定」というのは、一般社団法人である医療秘書教育全国協議会が医療秘書としての専門知識と技能を認定しているもので、医療関係の事務職をめざす社会人や学生が合格をめざす試験のひとつになっています。

受験に際しては学歴や年齢による制限はなく、誰もが挑戦することができます。

合格すると医療秘書に関する専門的な知識があることをアピールすることができるので、医療秘書を志すのであれば挑戦してみて損はないでしょう。

基本的な事務能力はマスト

医療秘書として働く上で必要なスキルは何でしょうか。

まず、医療秘書というのはその名の通り「秘書」であるため、一般的な企業で働く秘書と同じように基本的な事務能力が必要とされることは間違いありません。

パソコンや電話応対のスキル、来客対応の際のマナーなど、最低限の事務能力は就職前にしっかり身につけておくことが大切です。

また、多くの人と連絡を取らなければいけない立場でもあるので、コミュニケーション能力も欠かせないでしょう。

医学に関する知識も

さらにもうひとつ、求められるものがあります。

それが、医学に関する知識です。

医療秘書は、医療機関という少し特殊な場所で働くことになるため、医学に関する知識や病院内の慣習などを理解する姿勢が必要不可欠です。

実際に、医療秘書技能検定の試験においては、医療関連の法規に関する知識や病気や人体に関する知識などが幅広く問われています。

こうした知識があることで、一緒に働くことになる医師や看護師達とスムーズな情報交換や連絡をすることができるのです。

もちろん、医師や看護師、薬剤師ほどの専門的な知識が必要とされるわけではありません。

しかし、ある程度の知識を身につけておくために、日頃から本を読んだり新聞を読んだりして医学について学ぼうとすることが大切になります。